賢いFXシストレの選び方 失敗しないために必ずチェックすべき10項目

賢いFXシストレの選び方 失敗しないために必ずチェックすべき10項目

賢いFXシストレの選び方 失敗しないために必ずチェックすべき10項目

いざシストレを始めようと思ってもFXシステムトレード全盛期の今、あまりにたくさんのシストレがあってどれを選んだらいいのか悩んでしまうのも当然です。

 

そんなこれからシストレを始めてみようと思っている方にシストレを実際にやってみて分かった賢いシストレの選び方を紹介します。

 

 

 

 

 

 

シストレ選びで失敗しないために必ずチェックすべき10項目

 

1. 取引ツール

 

当たり前ですがFX自動売買で最も大事なのが取引ツールです。スプレッドなどどんなに有利な条件でトレードできても取引ツールそのものが使い物にならなければ意味がありません。

 

取引ツールで最も大事なのは経験やセンスといった裁量的な要素が求められないことです。システムトレードである以上、裁量的な側面が極力排除されていることが重要です。

 

次に大事なのは仕組みの分かりやすさです。仕組みが複雑すぎて理解ができないシステムトレードは結局使いこなすことができません。
仕組みの分かりやすさは発注方法の分かりやすさにもつながりますので発注画面の使い勝手も重視します。

 

最後はシステムトレードの自由度です。2番目のポイントと矛盾するようですが、仕組み自体はシンプルでありながらも自分で多少の簡単なカスタマイズができることが重要です。

 

例えば同じ仕組みのシステムトレードが2つあり、片方はデフォルト設定から何も変更できないガチガチの仕様で、もう片方は値幅やポジション量を変更できるとした場合にどちらが優れているか分かるかと思います。

 

しばらく使ってみると分かりますが、このわずかな”遊び”がシステムトレードの良し悪しを大きく左右します。

 

まとめるとシステムトレードは裁量要素が少なく、シンプルな仕組みで多少のカスタマイズができることが重要です。

 

2. 最低取引単位

 

最低取引単位は1,000通貨からとなっているものを選びましょう。

 

ほとんどのFXシステムトレードは1,000通貨から取引可能ですが、まれに最低1万通貨からしか取引できないシステムトレードがあります。1万通貨だとポジションを小分けにするなど柔軟な戦略が取れず、リスク分散が難しくなります。

 

3. 通貨ペア数

 

取り扱い通貨ペアの豊富さはFX自動売買の戦略の幅を広げてくれます。

 

ただしマイナー通貨の取り扱いが多くてもほとんど取引する機会はないので20〜30通貨ペアあれば十分でしょう。

 

それよりもトルコリラや南アフリカランドの取り扱いといった高金利通貨の取り扱いがあることの方が重要です。

 

4. 取引手数料

 

ほとんどのFXシステムトレードは取引手数料が無料となっていますが、膨大な開発費用を回収するために取引手数料を徴収しているFX会社もあります。

 

取引手数料は別途徴収されるのではなく、約定価格が手数料を加味した取引価格になっているものもあるので各サービスの取引ルールを必ず確認するようにしましょう。

 

取引手数料が無料のFXシステムトレードのほうがいいのは間違いありませんが、手数料還元のためのポイントサービスや手数料割引サービスを実施しているFX会社もあるので取引手数料の割高感は総合的に判断する必要があります。

 

5. スプレッド

 

FXシステムトレードのスプレッドは裁量トレード用のFX口座と比較して広い傾向にあり、スプレッドは事実上の取引手数料となるのでスプレッドの狭いFX会社を選ぶ必要があります。

 

ただしスプレッドをどこまで重視するかは扱うシステムトレードによります

 

スプレッドは取引の度にかかるコストなので取引回数の多いスキャルピング系のシステムトレードならスプレッドの狭いサービスを選ぶが必須となります。

逆にスイング系のシステムトレードであればそれほど気にする必要はありません。

 

スプレッドには変動型と原則固定型の2種類があり、一般的には原則固定型の方が有利とされています。

 

6. スワップポイント

 

FXシステムトレードではキャピタルゲイン(為替売買益)だけでなく、インカムゲイン(スワップ金利)も収益の大きな柱となります。

 

スワップはスプレッドとは逆でスキャルピング系のシステムトレードならスワップを気にする必要がありませんが、中長期でポジションを維持するようなシステムトレードであればスワップ金利の高いFX会社を選ぶ必要があります

 

7. 約定力

 

実際にトレードする際に注意したいのが約定力です。約定力とは簡単に言えば「トレーダーが発注した価格できちんと約定する力」のことです。

 

FXの世界ではマーケット状況やシステム環境など様々な要因によって約定が拒否される(注文が成立しない)ことや発注した価格よりも不利な価格で約定する(スリッページが発生する)ということが起こり得ます。

 

どんなに優れたシステムトレードでもトレーダーが発注したものと違う価格で約定してしまっては思い通りの利益をあげることはできません。

 

約定力は実際にシステムトレードを動かしてトレードしてみないと見えない部分が多いですが、定期的にトレード結果を見返してきちんと注文が成立しているか、不利な価格で約定していないか確認しましょう。

 

8. 情報コンテンツ

 

どれだけFXシステムトレードが優れていてもそれを使いこなせなければ意味がありません。システムトレードを使いこなすための情報コンテンツがどれだけ充実しているかは大きなポイントとなります。

 

マニュアルはもちろんのこと、攻略サイトやレポート、セミナーが充実しているFX会社は重宝されます。

 

他方、FX自動売買の性質上、ファンダメンタル分析は最小限に抑えたいという方はニュース配信、アナリストレポートなどの充実度はあまり気にする必要はありません。

 

9. スマートフォンアプリ

 

相場の急変時だけでなく外出先からポジションの状況を照会したり、システムトレードを停止したりするためのスマートフォンアプリはもはや必須と言えます。

 

ほとんどのFXシステムトレードはAndroid、iPhoneともに対応していますが、一部対応していないものもあります。

 

スマホアプリはPCと同等のことができるのはもちろんのこと、動作速度や操作感が求められます。スマホを頻繁に使う人なら、アプリが起動すると即ログイン状態になる自動ログイン機能も欲しいところです。

 

10. サポート

 

サポートが充実しているかも大事なポイントです。特に始めたばかりの頃は分からない点がいいため、初心者の方にとってはより重要となるでしょう。

 

よく整理されたFAQがあった上で問合せに対するレスポンスが良く、問合せチャネルが多いのが理想的です。

 

電話によるサポートも平日日中だけではなく、夜間・休日も対応してことも重要です。

 

FXシストレ比較ランキング

 

現在、日本国内で口座開設できるFXシステムトレード28種を徹底調査し、上記10個の評価項目からランキングを集計してみました。

 

 

ランキングは下表の10項目について採点を行い、その合計点で作成しました。

 

 

 

SS

S

A

B

C

採点基準

1

取引ツール

20

15

10

5

0

裁量要素が少なく、シンプルな仕組みで多少のカスタマイズができることができるか

2

通貨ペア

8

6

4

2

0

取扱い通貨ペア数を5段階で評価。高金利通貨の取り扱いを高評価

3

最低取引単位

16

12

8

4

0

最低取引単位を5段階で評価。ただし今回は100通貨単位がSでSSは該当なし

4

取引手数料

8

6

4

2

0

取引手数料を5段階で評価。VPSなどのコストも考慮

5

スプレッド

8

6

4

2

0

スプレッドの狭さを5段階で評価。非公開は一律Bとした

6

スワップ

12

9

6

3

0

スワップ金利の高さを5段階で評価

7

約定力

4

3

2

1

0

約定力の高さを5段階で評価

8

情報コンテンツ

16

12

8

4

0

 

9

スマホ

4

3

2

1

0

スマホアプリの使い勝手を5段階で評価。スマホ未対応はC

10

サポート

4

3

2

1

0

 

 

 

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです

為替コヤジも利用中のFXシストレ

トラリピ トライオートFX シストレ24 ループ・イフダン
 

 
2012年1月から使い続けているメイン口座。手数料はかかるが、高機能で一番安定して利益を上げ続けている
 

 
レンジ追尾で運用中。機能面・スペック面ともにシストレNo.1で今や欠かせないシストレ口座
 

 
ストラテジー数、情報量No.1のミラートレーダー。フルオート機能実装でほったらかし運用を実現
 

 
ユーロ円の売りで運用中。手数料無料&高スワップの人気No.1シストレ。利益が積み上がる速度はダントツ


最新FX自動売買 総合比較ランキング! [2017年版]


トライオートFX [インヴァスト証券]
評価点77
トライオートFX

トライオートFXの詳細はこちら

トライオートFXの口座開設はこちら

リピート・選択型・設定型、何でも来いの最強シストレ
リリース当初は裁量色を強く出しすぎ、浸透するの時間を要しましたが、複数のAP注文がパッケージ化された仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
スワップやスプレッドも大幅に改善され、名実ともにシストレNo.1の座を確立しています。
仕掛け次第でリピート系、選択型、設定型と何にでも対応でき、初級者から上級者まで満足できます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

17通貨ペア

無料〜20円

1,000通貨単位

0.3銭

シストレ24 [インヴァスト証券]

評価点66

シストレ24

シストレ24の詳細はこちら

シストレ24の口座開設はこちら

情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
ストラテジーの入れ替えまで自動化される「フルオートファンド」のリリースが待たれます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

26通貨ペア

無料

5,000通貨単位

3.0銭

セントラルミラートレーダー [セントラル短資FX]

評価点62


セントラルミラートレーダーの詳細はこちら

セントラルミラートレーダーの口座開設はこちら

進化し続ける老舗FX会社のミラートレーダー
100年の歴史あるセントラル短資グループが提供するミラートレーダー。ストラテジー選びのための情報量はシストレ24と1、2位を争うほど。
他社のミラートレーダーが廃止になる中、オリジナルストラテジーも続々投入し、今後の発展も期待されます。
スプレッドは狭く、セントラルミラートレーダーにしかないオリジナル機能も豊富で是非口座開設しておきたいシストレ口座です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

24通貨ペア

無料

5,000通貨単位

2.5銭

トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]

評価点56

 

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。割高な手数料にもかかわらす、FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預り資産は5年以上増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

11通貨ペア

30〜50円

1,000通貨単位

4.0銭

FXTF MT4 [FXトレード・フィナンシャル]

評価点56


FXTF MT4の詳細はこちら

FXTF MT4の口座開設はこちら

国内MT4提供業者No.1
5万口座突破の国内最強MT4。Mini terminalやFXTF Liveなど独自のインジケーターやオリジナルツールが豊富に標準装備されており、よりスピーディーな売買や多様な分析が可能です。
スプレッドは業界最狭水準でしかも原則固定となっています。
FXTF公式ブログや動画セミナーなどの情報発信にも積極的です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

31通貨ペア

無料

1,000通貨単位

0.3銭

5位以降の総合比較ランキングはこちら






ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ランキング シストレ比較 キャンペーン シストレ一覧 為替コヤジ お問い合わせ