シストレ365 [FXブロードネット]

ユーザ設定型シストレ

シストレ365 [FXブロードネット]とは?

評価Cシストレ365公式サイト

シストレ365は東京金融取引所の「くりっく365」専用に開発されたFX自動売買ツールです。12種類のテクニカル指標の中で、46種類の売買タイミングと28種類のフィルターを組み合わせて、オリジナル売買ルールの作成が可能。バックテスト機能を使えば売買ルールの検証も行えます。

基本情報

通貨ペア数最低取引単位取引手数料
(1万通貨片道)
米ドル/円
スプレッド
初心者向け
7通貨ペア1万通貨決済利益の20%2.0銭
最大レバレッジロスカットマージンコール約定通知メールスマホ対応
25倍100%
セミナー・動画独自コンテンツデモ取引資産の保全方法サポート対応時間
信託保全平日9:00~17:00

シストレ365の最新情報

シストレ365のココがスゴい!(メリット)

くりっく365の自動売買

シストレ365の取引対象は店頭FXではなく、くりっく365(取引所FX)です。店頭FXを取引対象としたシステムトレードはたくさんさりますが、くりっく365のFX取引ができるのはシストレ365とiサイクル2取引 [外為オンライン]だけです。

「くりっく365」は、2005年7月に日本初の公的な取引所FXとして、東京金融取引所が上場した取引所為替証拠金取引の愛称です。
また、「くりっく365ラージ」は、2015年11月に上場した、スプレッドを重視する投資家及び法人等の大口投資家向けの取引所為替証拠金取引の愛称です。

プログラミング不要で複雑な自動売買プログラムが作成できる

自動売買(システムトレード)と言いますと、ユーザが自分でプログラミングをして、システムを作成する形が多いですが、それにはかなりの専門知識が必要となります。 プログラムに詳しくない方が一朝一夕でチャレンジできるものではありません。

シストレ365は特に専門知識が無い方でもくりっく365の自動売買・システムトレードを行えるように、簡単でわかりやすい設定画面が用意されています。

売買タイミングは46種類、フィルター(条件)は28種類用意されており、各売買タイミングは自由に組み合わせて使用できますので、複雑なルールも思い通りに作成できます

たとえば、RSIが30%以下の場合で短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けたら買いというような自動売買設定をすることができます。

ワンクリックシミュレーション

システムトレードを行う上で肝要なのは、考えたアルゴリズムが実際に安定した収益を上げることができるかどうかの検証を行うことです。

もちろん未来のデータはありませんので、過去データを使っての検証になりますが、設定したアルゴリズムの特徴、欠点等は把握することが可能です。通常過去データを使って検証をしようと思うと、データを自分で集めるか購入して、表計算ソフトなどを使用して検証を行います。とても大変な作業です。

シストレ365ではシステムで保持している過去データを使って、ボタン一つで設定したアルゴリズムでのシミュレーションを行うことが可能です。

シストレ365のココがマズい!(デメリット)

利益が生じた場合、システム利用料は利益の20%

巷にはたくさんのシステムトレード用のソフトがあふれていますが、そのほとんどのソフトが有償での提供です。最初に購入費用がかかるケースや月額使用料がかかるケースなど、ユーザーの損益に関係なく負担がかかります。

この点に関してシストレ365は取引で利益が出た場合のみ、決済毎に利益額に応じて、成果報酬を支払う仕組みになっております。

ただし、利益が出た場合にシステム利用料が利益の20%もとられるのはかなり痛いです。

シストレ365の無料口座開設はこちら

為替コヤジの総評

為替コヤジ
為替コヤジ

シストレとしての出来はかなり高いと思いますが、くりっく365を使いこなしているトレーダーがいないのでFX初心者は手を出さないのが無難です

プログラミングなしでここまで複雑な取引条件を組み込めるという点でユーザ設定型システムトレードとしてはとてもよくできています。

ただし、シストレの最大の売りである再現性を活かすことができないのが惜しい点です。FXブロードネット自身がほとんど情報コンテンツを提供していない上にブログやSNSでもユーザがほとんど見当たらず、FX初心者は設定を真似て再現させることができません。

さらにこれだけの仕組みなのでシステム開発に膨大な費用がかかっているのは理解できますが、システム利用料が利益の20%は高すぎです。プログラマを雇ってEAを作らせたほうが安く済んでしまいます。

どうしてもくりっく365で自動売買をやりたいのであれば、リピート系注文ではありますが、iサイクル2取引 [外為オンライン]をおすすめします。

関連記事:シストレ365

シストレ365の無料口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました