絶対に避けたい、FXシストレのマージンコールと強制ロスカット

各FX会社では、口座にある証拠金以上に損失が発生しないよう「マージンコール」(追証)や「強制ロスカット」(強制決済)といった、投資家を保護するための仕組みを設けています。
マージンコールや強制カットは絶対に避けたいところですが、最悪の事態に備えてその仕組みを理解しておきましょう。

マージンコールは証拠金減少へのイエローカード

「マージンコール」は、証拠金に一定の損失が発生した場合にFX会社が顧客に対して証拠金の減少を知らせるサービスです。今の段階では市場から「退場」にはならないけれど「証拠金が一定水準以上減少している」ことを示すサインで、いわばサッカーの「イエローカード」のようなものです。
FXは「外国為替証拠金取引」の名の通り、預けたお金が「証拠金(担保)」として取り扱われ、担保の残りの余力を示す数字を「証拠金維持率」といいます。
FX会社によってマージンコールの対象となる証拠金維持率や判定のタイミングが異なったり、そもそもマージンコールを採用していない場合もありますので利用しているFX自動売買のマージンコールの条件を確認しておきましょう。
また「マージンコール」はFX会社によっては「アラート通知」などといった違う名称で呼ばれていることもあるので注意して下さい。

マージンコールが発生したらどうすればいいの?

マージンコールが発生した場合の解決方法としては、以下の2つがあります。

  • 決められた期日までに口座にお金を振り込むこと(追証)で証拠金の額を増やす
  • 保有ポジションをを一部決済することで維持率を高める

一発退場となる恐怖の強制ロスカット

マージンコールが発生しているにも関わらず、何もせず、さらに損が拡大した場合はFX会社による「ロスカット」が行なわれます。顧客の意思に関わらず、保有ポジションがは自動的に決済される、つまり強制的に反対売買されてしまうというわけです。まさに相場から一発退場となるレッドカードです。
ロスカット水準はマージンコールと同様にFX会社によって異なっています。ロスカット水準が高いと強制ロスカットとなった場合でも口座に残る金額が増えますが、早いタイミングでロスカットとなります。
逆にロスカット水準が低いとギリギリまでロスカットを回避することができますが、ロスカットとなった場合にはほとんど口座にお金が残らないことになります。

強制ロスカットで預託金以上の損失も!?

ロスカットは証拠金維持率の○○%を下回った場合に強制決済される仕組みですが、証拠金の○○%が口座に残るという仕組みではありません。急な相場変更により預託した金額を上回る損失(不足金)が生じる可能性もあります。
    
不足金が発生した場合には、期日までに当該不足金を口座に入金する必要が生じます。
国内FX会社は必ず不足金を請求されますが、一部の海外FX会社ではゼロカット制度を採用しており、不足金が免除されることもあります。

ロスカットはもちろん、マージンコールが発生するまで放置しておくのではなく、あらかじめロット数やポジション量を管理し、余裕を持った資金繰りで運用することを心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました