FXシストレ初心者でも覚えておきたい経済指標!FX自動売買はファンダメンタルズとどう付き合うべきか?

外国為替相場の動きに欠かせないのが経済指標。

 

FX自動売買が苦手とするファンダメンタルズとどう付き合えばいいのでしょうか?

 

 

 

 

FX自動売買と経済指標

 

FX取引の分析手法には、チャートをもとにした「テクニカル分析」と景気や金利などの動向などから判断する「ファンダメンタルズ分析」の2種類があります。このうちFX自動売買(システムトレード)はテクニカル分析を用いているため、経済情勢による急な変動を苦手としています

 

為替レートの主な変動要因

外国為替は、その通貨の人気が高まれば上昇し、低くなれば下落します。外国為替といえども、通常の商売と同じで人気のある=みんなが買いたがる通貨は高くなり、人気のない通貨は安くなります。

それでは具体的にはどんな要因が為替レートに影響を与えるのでしょうか。主な要因としては、次の通りです。

 

大きな流れとしては、経済のファンダメンタルズや構造問題、戦争・テロ等による地政学的リスク、金利差相場などが挙げられますが、その中で日々の経済指標の結果が大きな流れを更に助長させたり、一旦の調整のきっかけとなったりします。特に経済指標の発表直後に大きく動くことがあります。

押さえておきたい経済指標

毎日いくつもの経済指標が発表されていますが、全てを覚える必要はありません。様々なサイトで掲載されている経済指標カレンダーで米国の経済指標を中心に重要度高となっている経済指標について概要、発表日時を押さえておきましょう。

経済指標 発表時間(日本時間)
政策金利
米FOMC政策金利発表 アメリカ 年8回、約6週間ごと 04:15 
英中銀(BOE) 政策金利発表 イギリス 毎月上旬 21:00
NZ中銀 政策金利発表 ニュージーランド 毎月第1火曜日 06:00
豪中銀(RBA) 政策金利発表 オーストラリア 毎月第1火曜日 13:30
欧州中央銀行(ECB) 政策金利発表 ユーロ圏 毎月上旬 21:45
英・金融政策委員会(MPC)議事録-公表 イギリス 毎月中旬 18:30
雇用関連
米・非農業部門雇用者数 アメリカ 毎月第1金曜日 22:30
米・失業率 アメリカ 毎月第1金曜日 22:30
米・ADP民間雇用者数 アメリカ 雇用統計の2日前の水曜日 22:15
米・新規失業保険申請件数(前週分) アメリカ 毎週木曜日 22:30
英・失業率 イギリス 毎月中旬 18:30
英・失業保険申請件数 イギリス 毎月第1火曜日 06:00
景気関連
米・四半期GDP アメリカ 3・6・9・12月の21-30日 22:30
米・鉱工業生産(前月比) アメリカ 毎月14~17日 23:15
米・フィラデルフィア連銀景況指数 アメリカ 毎月第3木曜日 00:00
米・設備稼働率 アメリカ 毎月14~17日 23:15
米・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値) アメリカ 毎月10日前後の金曜日 23:55
米・ISM製造業景況指数 アメリカ 毎月第1営業日 00:00
米・ISM非製造業景況指数 アメリカ 毎月第1金曜日 22:30
米・耐久財受注(前月比) アメリカ 毎月24・25日前後 22:30
英・四半期GDP(前期比/前年比)(改定値) イギリス 2・5・8・11月上旬 18:30
日・四半期日銀短観 日本 4月初旬・7月初旬・10月初旬・12月中旬 08:50
独・ZEW景況感調査 ドイツ 毎月中旬 19:00
独・IFO景況指数 ドイツ 毎月中旬 18:00
住宅関連
米・新築住宅販売件数 アメリカ 毎月24日から月末 00:00
米・中古住宅販売件数 アメリカ 毎月25日 00:00
米・建設許可件数 アメリカ 毎月第3週 22:30
米・住宅着工件数 アメリカ 毎月第3週 22:30
物価関連
米・消費者物価指数 アメリカ 毎月15日前後 22:30
消費関連
米・小売売上高(前月比) アメリカ 毎月第2週 22:30
米・CB消費者信頼感指数 アメリカ 毎月25日-月末 00:00
米・個人支出(前月比) アメリカ 毎月月末 22:30
米・個人所得(前月比) アメリカ 毎月月末 22:30
米・四半期個人消費(速報値)(前期比) アメリカ 1・4・7・10月の21-30日 22:30
収支関連
米・四半期経常収支 アメリカ 3・6・9・12月の中旬 22:30
米・貿易収支 アメリカ 毎月20日前後 22:30

経済指標カレンダー

ブックマーク必須の使い勝手の良い経済指標カレンダーをいくつか紹介します。
 みんなの外為
経済指標を5段階で評価。経済指標の概要や市場参加者の予想も見ることができます。
 Investing.com
経済指標を3段階で評価。数年前の経済指標の概要や市場参加者の予想も見ることができます。
 Klug FX
経済指標を3段階で評価。経済指標以外にも1日180本のニュース配信や為替チャート、コラムを提供しています。

経済指標発表時に自動売買プログラムは稼働停止すべきか?

前述のように為替レートは経済指標の発表直後に大きく動くことがありますが、テクニカル分析を利用しているシステムトレードはテクニカル分析を超える値動きに対応できないことがあります。
そのためミラートレーダーやMT4など選択型システムトレードの場合、多くのトレーダーは経済指標の発表前に自動売買プログラムを停止しているようです。同様に市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後、 年末年始、クリスマス時期など)もスプレッドが拡大する可能性があるため、自動売買プログラムを停止しておきます。
これに対し、リピート系発注機能の場合、資金管理さえ徹底していれば経済指標のサプライズ発表による為替レートの乱高下は望むところですので経済指標の発表のタイミングを意識する必要はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました