FX自動売買を機能面で分類!あなたにぴったりな自動売買を見つけよう!

FXシストレの基礎知識

FX自動売買とはあらかじめ決めた売買ルールに基づきシステムが自動で取引してくれるサービスです。本記事ではFX自動売買の魅力からFX自動売買の5つの種類について解説しています。FX自動売買による不労所得に興味がある方は是非参考にして下さい。

FXの新時代到来!? FXシステムトレードとは?

FX取引には自分の経験や知識を活かして自分で取引をする裁量トレードとあらかじめ決めた売買ルールに基づきシステムが自動で取引してくれるシステムトレード(自動売買)の2種類があります。

両者には以下のような長所と短所があります。

システムトレード

裁量トレード

メリット

  • 感情に邪魔されず、一度作ったルールを守り、取引をしてくれる
  • 寝ている間も仕事している間も自動売買システムが勝手に取引してくれる
  • 自分の経験や知識、感覚を活かして、相場に応じて柔軟な取引ができる
  • 取り組み方次第では年収以上稼ぐこともできる

デメリット

  • 自分の意思を細かく反映させることができない
  • どんな相場にも対応できるシステムはなく、不得手な相場では損失が膨らむ可能性がある
  • 欲や恐怖等の感情で、リスクを許容し切れず、思わぬ損失を被ることがある
  • 利益を上げるためには自分で取引する必要があり、多くの時間を奪われる

このように裁量トレードはFXの豊富な経験が要求される上に時間の限られた学生さんや会社員には不向きであると言えます。

また裁量トレードでコンスタントに利益を上げられるのは裁量トレーダーの1%にも満たないと言われていて、為替コヤジもこの統計に漏れず、これまで数百万円失いました。

そんな為替コヤジが辿り着いたのがFXシステムトレードです。FXシステムトレードなら人間の欲や希望など、取引の邪魔になる感情を排除できるから、これまで裁量トレードで負け続けて来た人やFX初心者でも利益を上げられる確率がぐっと上がります。

システムトレードと自動売買は厳密には別物

当サイトではシステムトレードと自動売買をほとんど同じ意味で使っていますが、厳密にいうとシステムトレードと自動売買は異なります。

システムトレードとは、投資を行う際に裁量を一切排除し、あらかじめ決められた一定の売買ルールに従って売買を行う方法のことを言います。あくまでFX取引の手法であって実際に取引する主体は問いません。

これに対し自動売買はシステムトレードを自分で行う代わりにシステムに行わせることを言います。つまりシステムに組み込まれた一定の売買ルールに従って自動で取引を行うことを指しています。
厳密に言えば、当サイトでは取り上げているサービスは全て自動売買ということになります。

高まるFX自動売買人気 FX自動売買の5つの魅力に迫る!

IT技術の発達により、FX取引のトレンドは従来の裁量トレードからFX自動売買にシフトしています。
2007年にマネースクウェア・ジャパンがトラリピをリリースして以来、FX自動売買の人気は高まるばかりで、最近では日経新聞にも取り上げられています。

FX自動取引が人気 「プロの技」で売買、リスクも
IT(情報技術)の発達で外国為替取引が大きく変貌している。経済指標や金融政策を見ながら売買する手法よりも、最近はコンピューターが過去の値動きから最適な売買を選択してくれるシステムトレード(自動取引)が主流になってきた。個人が中心の外国為替証拠金(FX)取引でもシステムトレード人気が高まっている。ただ手軽さが魅力的な半面、コンピューターが想定外の相場の乱高下に対応できずに思わぬ損失を被るケースも出ている。

出典:日本経済新聞 2015年12月5日朝刊

FX自動売買の5つの魅力とは?

FX自動売買が忙しいビジネスパーソンや主婦からFX初心者まで幅広い層から高い支持を集めているのはなぜでしょう?

ここではFX自動売買が持つ5つの魅力に迫ります。

1. 24時間あなたに代わって取引してくれる

外国為替市場は週末を除き、24時間ずっと相場が動き続けています。しかし時間に限りのあるビジネスパーソンや主婦がパソコンに張り付いている訳にはいきません。寝ている間や仕事をしている間に収益チャンスを逃してしまったり、損失が膨らんでしまったりすることもあります。

FX自動売買はあなたが眠っている間も仕事をしている間もあなたの代わりに24時間相場をチェックして自動で取引をしてくれるので収益チャンスを逃すことがありません。

2. チャートやニュースを見なくていい

これまでのFX取引ではテクニカル分析の勉強をしながら毎日為替のチャートを分析したり、経済ニュースをこまめにチェックしたり、何かと時間のかかるものでした。

FX自動売買はあらかじめ組み込まれた売買ロジックや設定に従って自動で取引してくれるのであなたは最初に設定だけしておけば、あとは週に1回運用状況をチェックするだけでOK。FX自動売買はほったからし運用が可能なので莫大な時間の節約になります

3. プロの売買ロジックを無料で使える

FX自動売買の売買ロジックやシステムトレードは物理学者、元外資系ファンド マネージャー、専業トレーダー集団といった、投資のプロの知恵や経験によって成り立っています。

あなたは売買ロジックやシステムトレードを使うだけで投資のプロと同じFX取引をすることができます。しかもこれらの売買ロジックのほとんどを無料で使うことができます

4. 感情に左右されることなく取引できる

自分自身で取引(裁量トレード)をすると、どうしても感情が入ってしまいルールを徹底することが難しく、「欲」や「恐怖」などの感情で売買のタイミングを逃してしまうことがあります。FX取引で失敗する最大の原因は心理面で売買の判断を誤ることです。

FX自動売買ならシステムが取引してくれるので感情に左右されることなく、冷静に取引することができます

5. FX取引経験が浅くても大丈夫

従来のFX取引では経験や知識がものをいうため、FX取引の経験が浅い場合にはなかなか思うような成績を残すことができませんでした。

FX自動売買で重要なのはFX取引の経験や知識ではなく、売買プログラムを選ぶ眼となります。FX取引の経験が浅くても売買プログラムの取引回数や勝率などのデータを参照して最適な売買プログラムを選べことができます

またFX自動売買で利益を上げている人の設定やストラテジーを真似すればかんたんに同じような成績をあげることもできます。

FX自動売買はファンダメンタルズが苦手

FX取引の分析手法には、経済情勢を見極める「ファンダメンタルズ分析」と、過去の値動きから先行きを予測する「テクニカル分析」の2種類があります。このうちFX自動売買(システムトレード)はテクニカル分析を使います。

そのためFX自動売買は、相場の乱高下やトレンドの変化に迅速に対応することができません。これまで勝率が高かった売買プログラムも、トレンドの変化で成績が急激に落ち込む可能性があります。

円相場が一瞬で急反発する○○ショックのような不慮の出来事に即座に反応できない場合もあるので重要な経済イベントの前には自動売買を停止して急激なトレンドの変化に備えることも必要です。

FXシステムトレードの分類

FXシステムトレード(自動売買)というとパソコンやプログラムの知識が求められ、一見難しいように感じますが、パソコンやプログラムの知識が全く要らないものから自分でプログラミングした売買ロジックを稼働させるものまで様々です。

下図は自動売買を分類した図ですが、まず自動売買は機能的側面からリピート系発注機能(連続発注機能)選択型自動売買ユーザ設定型自動売買に分類することができます。

さらに選択型自動売買は自動売買プログラムが稼働するプラットフォームでミラートレーダーMT4(メタトレーダー)各FX会社が独自に開発したプラットフォームの3つに分類することができます。

FX自動売買分類図

それではそれぞれの自動売買の特徴を見ていきましょう。

種類

概要

リピート系発注機能
  • 一度の発注で何度も売買を繰り返してくれる
  • 設定内容がシンプルなため、利益を上げているトレーダーのマネがしやすい
  • パソコンの専門知識もほとんど不要なので初心者でもカンタン
  • 多くの含み損を抱える可能性がある
ミラートレーダー
  • あらかじめ用意されたプログラム(ストラテジー)を選ぶだけで始められる
  • プラットフォーム(売買プログラムを動かすための基盤)は、イスラエルのトレーデンシー社が開発したミラートレーダー
  • 世界中のプロたちが作ったプログラムの中から、自分で選ぶだけ
  • 各FX会社がストラテジー選びのための情報を提供している
選択型自動売買
  • あらかじめ用意されたプログラムを選ぶだけで始められる
  • プラットフォーム(売買プログラムを動かすための基盤)は、各FX会社が独自に開発したもの
  • 世界中のプロたちが作ったプログラムの中から、自分で選ぶだけ
  • パソコンの専門知識もほとんど不要なので初心者でもカンタン
ユーザ設定型自動売買
  • 自動売買のルールをユーザ自身が設定できる
  • ガイドに従い、設定を選ぶだけで本格的なストラテジーを作成することができる
  • FXの投資経験やパソコンの知識がある程度必要になる
MT4(メタトレーダー)
  • プラットフォーム(売買プログラムを動かすための基盤)はロシアのMetaQuotes社が開発したMT4(メタトレーダー)
  • 自動売買を行うためにはEA(エキスパート・アドバイザー)を組み込む必要がある
  • PCの電源を常にオンにしておくか、VPN(仮想専用サーバ)上でMT4を24時間稼働させる必要がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました