ミラートレーダーの運用資金 最低いくらあれば自動売買できるのか?

ミラートレーダーの運用資金 最低いくらあれば自動売買できるのか? | FXシストレ大百科

ミラートレーダーの運用資金 最低いくらあれば自動売買できるのか?

ミラートレーダーで自動売買する場合、運用資金をいくら準備すればいいのでしょうか?

 

各FX会社では運用資金の目安をストラテジー毎に公開しています。その計算根拠を確認しながら実際にいくら必要なのか考えてみたいと思います。

 

FX会社の目安資金の考え方

ミラートレーダーの大御所であるシストレ24セントラルミラートレーダーの目安資金の考え方を見てみましょう。

 

シストレ24

シストレ24では目安資金を「推奨証拠金」と呼び、Myシストレ24で確認することが可能です。

 

 

Myシストレ24の推奨証拠金は1万通貨当たりの金額で、以下のような計算で求められています。

 

(必要証拠金 × 最大ポジション数) + 過去3ヶ月の最大ドローダウン

 

必要証拠金は、1ポジションを運用するために必要となる最低額で現在のレートに4%(レバレッジ25倍)を掛けた値となります。例えばドル円が120円の場合、1万通貨なら4万8,000円必要となります。

 

120(円)×10,000(通貨)×0.04=4万8,000円

 

シストレ24では、必要証拠金を最大ポジション数分掛け合わせた金額に過去3ヶ月の最大ドローダウンを加えた金額を推奨証拠金としているため、かなり余裕をもった目安資金となっています。

 

セントラルミートレーダー

 

セントラルミラートレーダーでは、「証拠金レベル」という名称で目安資金が表示されています。

 

下表はHome Runs(EUR/AUD)のものですが、30日、90日、180日、12ヶ月、24ヶ月の証拠金レベルを確認することができます。

 

 

セントラルミラートレーダーの証拠金レベルも1万通貨当たりの金額で、以下の計算式で求めることができます。

 

必要証拠金×最大ポジション数+(最大ドローダウン+最大評価損)

 

シストレ24は一律過去3ヶ月のドローダウンで計算しているのに対し、セントラルミラートレーダーは期間毎の最大ドローダウンを計算根拠に用いているため、証拠金レベルも指標とする期間によって異なります。

 

またセントラルミラートレーダーは証拠金レベルの算出に最大評価損も加えているため、シストレ24と比べて高くなっています。

 

例えばHome Runs(EUR/AUD)の目安資金を同じ90日で比べると、セントラルミラートレーダーの方が3万円程高額となっています。

 

  • シストレ24(推奨証拠金):580,000円
  • セントラルミラートレーダー(証拠金レベル):609,714円

 

運用スタイル別の目安資金

 

ミラートレーダーを運用する際の目安資金は、ドローダウンを考慮した資金が必須といえます。

 

問題はこのドローダウンをどの程度考慮すべきかという点ですが、これはストラテジーをどの程度の頻度で入れ替えるかによって変わってきます。

 

1週間毎にストラテジーを入れ替える場合

 

ストラテジーの入れ替えは、各FX会社がオリジナルのポートフォリオを1週間毎に見直しているように1週間毎に行うという運用スタイルがあります。

 

この運用スタイルはストラテジーの旬のタイミングを見計らって稼働させるため、セントラルミラートレーダーの30日間の証拠金レベルほどの運用資金は必要ありません。

 

しかも複数のストラテジーを組み合わせて運用するであれば、複数のストラテジーが一斉にドローダウンする可能性は低いため、すべてのストラテジーで30日間のドローダウンを考慮する必要もありません。

 

従ってセントラルミラートレーダーの30日間の証拠金レベルの半分を目安資金とするのが資金効率と安全面のバランスから理想的と考えられます。証拠金レベルは1万通貨あたりの金額なので最低取引単位の5,000通貨で運用するのであればさらに1/2となります。
 
収益率トップ100ストラテジーの証拠金レベル(30日)の平均は約20万円ですのでいちいち証拠金レベルを確認するのが面倒であれば、

 

1ストラテジー(5,000通貨)=5万円

 

と計算すればいいでしょう。

 

ベテランストラテジーを年単位で長期運用する場合

 

ミラートレーダーのもうひとつの効果的な運用方法は複数の通貨で利益を上げているベテランストラテジーを年単位で長期運用するスタイルがあります。例えばQuickShiftやOnTheRiverなどがそれに当たります。

 

この場合、ストラテジーが不調の場合も運用を継続するのでドローダウンは1週間でストラテジーを入れ替える場合と比べて大きくなることが想定されます。

 

しかし複数の通貨で利益を上げているベテランストラテジーはドローダウンが小さいのも特徴のひとつです。

 

そこでベテランストラテジーを年単位で稼働する場合の運用資金は、ストラテジーを1週間ごとに入れ替える場合の1.5倍は見ておきたいところです。

 

1ストラテジー(5,000通貨)=7.5万円

 

最低でも10通貨ペアで運用したいので75万円は準備したいところです。

 

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです

為替コヤジも利用中のFXシストレ

トラリピ トライオートFX シストレ24 ループ・イフダン
 

 
2012年1月から使い続けているメイン口座。手数料はかかるが、高機能で一番安定して利益を上げ続けている
 

 
レンジ追尾で運用中。機能面・スペック面ともにシストレNo.1で今や欠かせないシストレ口座
 

 
ストラテジー数、情報量No.1のミラートレーダー。フルオート機能実装でほったらかし運用を実現
 

 
ユーロ円の売りで運用中。手数料無料&高スワップの人気No.1シストレ。利益が積み上がる速度はダントツ


最新FX自動売買 総合比較ランキング! [2017年版]


トライオートFX [インヴァスト証券]
評価点77
トライオートFX

トライオートFXの詳細はこちら

トライオートFXの口座開設はこちら

リピート・選択型・設定型、何でも来いの最強シストレ
リリース当初は裁量色を強く出しすぎ、浸透するの時間を要しましたが、複数のAP注文がパッケージ化された仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
スワップやスプレッドも大幅に改善され、名実ともにシストレNo.1の座を確立しています。
仕掛け次第でリピート系、選択型、設定型と何にでも対応でき、初級者から上級者まで満足できます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

17通貨ペア

無料〜20円

1,000通貨単位

0.3銭

シストレ24 [インヴァスト証券]

評価点66

シストレ24

シストレ24の詳細はこちら

シストレ24の口座開設はこちら

情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
ストラテジーの入れ替えまで自動化される「フルオートファンド」のリリースが待たれます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

26通貨ペア

無料

5,000通貨単位

3.0銭

セントラルミラートレーダー [セントラル短資FX]

評価点62


セントラルミラートレーダーの詳細はこちら

セントラルミラートレーダーの口座開設はこちら

進化し続ける老舗FX会社のミラートレーダー
100年の歴史あるセントラル短資グループが提供するミラートレーダー。ストラテジー選びのための情報量はシストレ24と1、2位を争うほど。
他社のミラートレーダーが廃止になる中、オリジナルストラテジーも続々投入し、今後の発展も期待されます。
スプレッドは狭く、セントラルミラートレーダーにしかないオリジナル機能も豊富で是非口座開設しておきたいシストレ口座です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

24通貨ペア

無料

5,000通貨単位

2.5銭

トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]

評価点56

 

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。割高な手数料にもかかわらす、FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預り資産は5年以上増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

11通貨ペア

30〜50円

1,000通貨単位

4.0銭

FXTF MT4 [FXトレード・フィナンシャル]

評価点56


FXTF MT4の詳細はこちら

FXTF MT4の口座開設はこちら

国内MT4提供業者No.1
5万口座突破の国内最強MT4。Mini terminalやFXTF Liveなど独自のインジケーターやオリジナルツールが豊富に標準装備されており、よりスピーディーな売買や多様な分析が可能です。
スプレッドは業界最狭水準でしかも原則固定となっています。
FXTF公式ブログや動画セミナーなどの情報発信にも積極的です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

31通貨ペア

無料

1,000通貨単位

0.3銭

5位以降の総合比較ランキングはこちら






ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ランキング シストレ比較 キャンペーン シストレ一覧 為替コヤジ お問い合わせ