ストラテジーの良し悪しはどこで見る?FXシストレのストラテジー評価基準10選

ストラテジーの良し悪しはどこで見る?FXシストレのストラテジー評価基準10選 | FXシストレ大百科

ストラテジーの良し悪しはどこで見る?FXシストレのストラテジー評価基準

ミラートレーダーや選択型システムトレードの成否はストラテジー(売買プログラム)の良し悪しで決まります。

 

ここではFX自動売買のストラテジー(売買プログラム)の良し悪しを見る評価基準について解説しています。

 

 

 

 

FX自動売買のストラテジー評価基準

 

稼働期間

重要度:

 

ストラテジーが稼働している期間を示します。ストラテジーを評価する上で、ある程度稼働期間がないと判断することができません。たまたまなのか、実力なのかを判断するためには稼働期間が長ければ長いほど明確になります。

 

ペイオフレシオ

重要度:

 

一定期間の売買における、「平均利益を平均損失で割った数値」のことを言います。例えば平均利益が100pipsで平均損失が50pipsの場合、ペイオフレシオは2.0となります。

 

ただしペイオフレシオは勝率とセットで考える必要があります。下表はペイオフレシオ2.0のストラテジーAと0.5のストラテジーBの比較ですが、勝率を考慮するとペイオフレシオの低いストラテジーBのほうが優秀と言えます。

 

このようにペイオフレシオ単体でストラテジーの優劣を判断するのは難しく、勝率とセットで考えることでストラテジーの性質を理解するのに役立ちます(コツコツ利益を積み上げるタイプや勝率は低いが大きな利食いがあるタイプなど)。

 

  ストラテジーA ストラテジーB
平均利益

100pips

50pips

平均損失

50pips

100pips

ペイオフレシオ

(平均利益÷平均損失)

2.0

0.5

勝率

30%(3勝7敗)

80%(8勝3敗)

損益(pips)

-50

+100

 

損益(pips)

重要度

 

指定した期間内の累計損益をpipsで表記したものです。「pips」はFX取引において使用される単位で、異なる通貨単位を共通の単位で表すことができますが、1pipあたりの損益金額が通貨ペアによって異なるので注意が必要です。

 

取引回数

重要度

 

指定した期間内における累計取引回数です。「新規建て+決済」(1往復)で、1取引と数えます。

 

ストラテジーを評価する上で、ある程度取引回数がないと判断することができません。たまたまなのか、実力なのかを判断するためには取引回数が多ければ多いほど明確になります。

 

勝率

重要度:

 

一定期間の取引回数に対する実現益の回数を割合で表しています。勝率が高くても利小損大になっていては意味がないため、色々な項目と合わせてチェックする必要があります。

 

最大ドローダウン

重要度:

 

指定した期間内の、最大累積pipsから最低累積pipsの差(最大損失額)を表記したものです。

 

「このストラテジーは以前にこれぐらいの最大ドローダウンの経験があるから、もしかしたらこの先も同様のことがあるかもしれないので証拠金を多めに入れておこう」などリスク管理の参考として使うことが多い指標です。

 

〔例〕 下記ストラテジーの最大ドローダウンは、「-1033.50」でした。
A地点:最大累積pips(+2033.3pips)- B地点:最低累積pips(+999.8pips)
=最大ドローダウン(−1033.5)となります。
A地点からB地点までこのストラテジーを選択していた人は、−1033.5pipsの損失が発生しました。

 

 

プロフィットファクター

重要度:

 

一定期間の売買における、「実現益の合計を実現損失の合計で割った数値」のことを言います(勝率100%の場合はゼロ)。
1以上であれば、実現損失の合計よりも実現益が多く、そのストラテジーは利益を出していると言えます。

 

トータルで考えたとき、実現益は大きいが実現損も多いストラテジーよりも、実現益が大きく実現損が小さいストラテジーの方が安心です。
プロフィットファクターの数値が大きいほど、小さい実現損で大きな実現益を得たストラテジーと言えます。

 

  ストラテジーA ストラテジーB
実現益

4,000pips

1,200pips

実現損

3,000pips

200pips

プロフィットファクター

(実現益÷実現損)

1.33

6

プロフィットファクタ−から見るストラテジーのイメージ 大きな傷を負いながらも大きな獲物を得る 損失は少なく、効率的な利益を積み上げる

 

リスクリターン率

重要度:

 

累積損益(pips)を最大ドローダウンで割った数値のことです。
リスクリターン率は、どの程度のリスク(最大ドローダウン)がある中で得られたリターン(累積損益)なのかを示す指標です。
1を下回るストラテジーはリスクが大きい割にはあまり利益を出さないという判断ができるため、「1」以上のストラテジーを選択することをお勧めいたします。

 

リスクリターン率が高いものは、大きなドローダウンを経験しないで利益を得ることができ、リスクリターン率が小さいものは、実現益を得るために期間中に大きな損失が発生している、と見ることができます(勝率100%の場合はゼロ)。

 

〔例〕 下記ストラテジーのリスクリターン率は、「1.6倍」でした。
C地点:実現益(1695.8pips)÷最大ドローダウン(−1033.5pips)=1.6

 

 

T-Score

重要度:

 

T-ScoreはMirror Traderの開発元であるTradency社が売買結果を元に独自に評価している値です。
値は最大10となり、取引回数が50回以上のストラテジーに表示されていますが、算出方法は非公開となっていますので全く考慮する必要はありません

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです

為替コヤジも利用中のFXシストレ

トラリピ トライオートFX シストレ24 ループ・イフダン
 

 
2012年1月から使い続けているメイン口座。手数料はかかるが、高機能で一番安定して利益を上げ続けている
 

 
レンジ追尾で運用中。機能面・スペック面ともにシストレNo.1で今や欠かせないシストレ口座
 

 
ストラテジー数、情報量No.1のミラートレーダー。フルオート機能実装でほったらかし運用を実現
 

 
ユーロ円の売りで運用中。手数料無料&高スワップの人気No.1シストレ。利益が積み上がる速度はダントツ


最新FX自動売買 総合比較ランキング! [2017年版]


トライオートFX [インヴァスト証券]
評価点77
トライオートFX

トライオートFXの詳細はこちら

トライオートFXの口座開設はこちら

リピート・選択型・設定型、何でも来いの最強シストレ
リリース当初は裁量色を強く出しすぎ、浸透するの時間を要しましたが、複数のAP注文がパッケージ化された仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
スワップやスプレッドも大幅に改善され、名実ともにシストレNo.1の座を確立しています。
仕掛け次第でリピート系、選択型、設定型と何にでも対応でき、初級者から上級者まで満足できます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

17通貨ペア

無料〜20円

1,000通貨単位

0.3銭

シストレ24 [インヴァスト証券]

評価点66

シストレ24

シストレ24の詳細はこちら

シストレ24の口座開設はこちら

情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
ストラテジーの入れ替えまで自動化される「フルオートファンド」のリリースが待たれます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

26通貨ペア

無料

5,000通貨単位

3.0銭

セントラルミラートレーダー [セントラル短資FX]

評価点62


セントラルミラートレーダーの詳細はこちら

セントラルミラートレーダーの口座開設はこちら

進化し続ける老舗FX会社のミラートレーダー
100年の歴史あるセントラル短資グループが提供するミラートレーダー。ストラテジー選びのための情報量はシストレ24と1、2位を争うほど。
他社のミラートレーダーが廃止になる中、オリジナルストラテジーも続々投入し、今後の発展も期待されます。
スプレッドは狭く、セントラルミラートレーダーにしかないオリジナル機能も豊富で是非口座開設しておきたいシストレ口座です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

24通貨ペア

無料

5,000通貨単位

2.5銭

トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]

評価点56

 

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。割高な手数料にもかかわらす、FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預り資産は5年以上増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

11通貨ペア

30〜50円

1,000通貨単位

4.0銭

FXTF MT4 [FXトレード・フィナンシャル]

評価点56


FXTF MT4の詳細はこちら

FXTF MT4の口座開設はこちら

国内MT4提供業者No.1
5万口座突破の国内最強MT4。Mini terminalやFXTF Liveなど独自のインジケーターやオリジナルツールが豊富に標準装備されており、よりスピーディーな売買や多様な分析が可能です。
スプレッドは業界最狭水準でしかも原則固定となっています。
FXTF公式ブログや動画セミナーなどの情報発信にも積極的です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

31通貨ペア

無料

1,000通貨単位

0.3銭

5位以降の総合比較ランキングはこちら






ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ランキング シストレ比較 キャンペーン シストレ一覧 為替コヤジ お問い合わせ