FXシストレ向けVPS5社を徹底調査!選ぶべきWindowsデスクトップはコレだ!

FXシストレ向けVPS5社を徹底調査!選ぶべきWindowsデスクトップはコレだ!

FXシストレ向けVPS主要5社を徹底調査!選ぶべきWindowsデスクトップはコレだ!

MT4(メタトレーダー)を使ってFX自動売買をする場合、MT4が24時安定稼働できる環境が必須です。

 

自宅のPCでは電気代や安定性に不安という方にオススメなのがVSP(Virtual Private Server)です。

 

 

 

 

 

VPS(Virtual Private Server)とは?

 

 

 

VPSとは、1台の物理的なサーバ上にVMwareなどの仮想化ソフトウェアによって仮想的に複数のサーバを立ち上げたサーバのことを言います。

 

私たちは自宅のパソコンにMT4をインストールするのではなく、仮想的に立ち上げたサーバの中の1台(仮想PC)をレンタルサーバ業者から借りてそこにMT4をインストールし、実行することができます。

 

MT4のためのVPSサービスを探しているとリモートデスクトップ(デスクトップクラウド)というサービスも目にしますので、まず最初に両者の違いを簡単に説明しておきましょう。

 

従来、MT4を動かすのに使われていた主なサービスは、WindowsのVPSでした。しかし、VPSはWebやメールといったサーバとしての機能が充実している反面、設定の難しさなどから初心者へのハードルは高いという特徴がありました。

 

そこでWebやメールなどのFX自動売買に余分なサーバー機能を撤去し、24時間365日安定した自動売買ができる環境に特化したのがWindowsリモートデスクトップ(デスクトップクラウド)です。

 

レンタルサーバと何が違うの?

 

通常、レンタルサーバは1台のサーバを複数のユーザで共有する「共有サーバ」となっています。

 

VPSも1台のサーバを複数のユーザで共有するという意味ではレンタルサーバと同じですが、VPSでは1台の物理的なサーバの中に仮想的に複数のサーバを構築するのでそれぞれのユーザが好きなOS(ゲストOS)をインストールすることができます。

 

またメモリやCPUについても、共用サーバと違ってそのゲストOS用の性能が確保されるため、他のユーザーの利用の影響によって障害などが発生したり動作が重くなってしまったりということは基本的にはありません。

 

出典:カゴヤのサーバー研究所

 

VPSのメリットとは?

 

自宅のPCではなく、VPSを導入してMT4を動かすことでどんなメリットを享受できるのでしょうか?

 

自宅のPCを起動させる必要がない

 

MT4を稼働させるためにはMT4が24時間稼働する環境が必須となりますが、VPSを使えば、自宅のPCを24時間起動する必要がなくなります。

 

自宅のPCが故障、自宅が停電といった万が一の場合にも、仮想サーバー上で動くEAは稼働し続けます。

 

またMT4はWindows環境でのみ動作しますが、自宅のPCがMAC OSでもVPSならMT4を稼働させることができます。

 

いつでもどこからでもリモートアクセス可能

 

仮想サーバにMT4をインストールしておけば、インターネット接続が整っているPCやスマートフォン等からVPSにログインし、簡単にMT4をご利用することができます。

 

外出時にEAの稼働状況を確認したり、相場が急変した場合にEAを停止することも簡単にできます。

 

VPSサービスを選ぶときの注意点

 

VPSサービスには様々なスペックのコースが用意されていてどれを選べばいいのか悩んでしまいます。オススメのVPSサービスを紹介する前にVPSサービスを選ぶ際に注意すべき点について簡単に触れておきます。

 

メモリは1GBで十分

 

各社のVPSサービスは1GBから数GBまでコースが選択できるようになっています。

 

しかしMT4を動かす目的であれば1GBあれば十分です。チャートの表示数を抑え、インジケーターも最低限のものだけにすれば、3、4つ程度のMT4ならサクサク動きます。

 

それ以上のMT4を稼働させるのであればリスク分散のためにも別のVPSサービスを契約しましょう。

 

HDDは20GBあれば十分

 

MT4を稼働させるだけであればHDDの容量はOSなどのシステム領域も含めて20GBあれば十分です。一般的なVPSサービスではどこもHDDは20GB以上あるのでHDDについて気にする必要はありません。

 

契約は1ヶ月単位で行う

 

前述の通り、VPSは共有サーバと比べて他のユーザーの利用の影響を受けにくくなっていますが、当たり外れがあります。同じVPSサービスでも使用感が異なることも少なくありません。

 

始めはサクサク動いていても数ヶ月して重くなることもあるので、多少割高になりますが1ヶ月単位で契約し、いつでも引っ越しができるようにしておきましょう

 

主要VPSサービス5社を徹底調査!

 

VPSサービスを提供している主要5社を徹底調査しました。

 

 

メモリ

HDD

初期費用

(税抜き)

月額(税抜き)

1ヶ月契約

6ヶ月契約

12ヶ月契約

お名前.com

1GB

50GB

0円

2,400円

2,240円

2,160円

使えるねっと

1GB

30GB

0円

2,839円

2,648円

2,362円

ABLENET

1GB

100GB

0円

1,981円

1,791円

1,600円

SPPD

1GB

60GB

1,500円

2,000円

2,000円

1,833円

Winserver

1GB

150GB

1,000円

1,847円

1,800円

1,647円

 

お名前.comデスクトップクラウド

サービス名:for FX メモリ1GBプラン
オススメ度:

 

最も知名度があり、多くの有名FXブロガーが利用しているのがGMOインターネット株式会社のお名前.comデスクトップクラウドです。

 

お名前.comデスクトップクラウド for FXはMT4がプリインストールされていて契約後すぐにEAを動かすことができます。

 

データセンターも日本とアメリカから選ぶことができるのでFX会社のデータセンターに近い場所を選ぶことで通信速度の面で有利なトレードができます。

 

他のVPSサービスと比較して多少割高ですが、24時間365日電話サポートがあるのでVPS初心者が最初に契約するのにオススメです。

 

お名前.comデスクトップクラウドのお申し込みはこちらから
お名前.com

 

使えるねっと

サービス名:FX専用VPS シルバー
オススメ度:

 

お名前.comと並んで有名なのが使えるねっとです。専属技術スタッフが監視しており、こまめな点検が行き届いた高品質なVPSで有名トレーダーや多くのFX事業者に選ばれています。

 

ただし利用料が最も高額で最も安いWinserverと比べると1年間で1万2,000円も余計にかかりますのであえて使えるねっとを選ぶ理由はありません

 

使えるねっとのお申し込みはこちらから

レンタルサーバーなら使えるねっと

 

ABLENET

サービス名:仮想デスクトッププラン Win1
オススメ度:

 

最近、人気を集めているのがこのABLENETです。知名度は前二者に及びませんが、動作が軽くサクサク動くとの評判です。

 

初期費用1,800円を払えば同じ月額料金でSSD(Solid State Drive)が選べるのでより高速になります。

 

月額2,000円を切ることを考えると最もオススメのVPSサービスと言えます。

 

ABLENETのお申し込みはこちらから

 

SPPD

サービス名:仮想Windowsデスクトップサービス ベーシック通常プラン
オススメ度:

 

隠れた優良VPSサービスが株式会社スタジオマップのSPPDです。高品質なサーバ環境をご提供するため、NTTPC(WebArena)の高速回線と国内データセンターを採用し、ファイアウォールや上位ネットワークは完全冗長化して耐障害性を高めています。

 

お名前.com同様、MT4がプリインストールされていて契約後すぐにEAを動かすことができます。

 

SPPDのお申し込みはこちらから
SPPD仮想Windowsデスクトップ 月額1,979円〜

 

Winserver(ウィンサーバー)

サービス名:Windowsデスクトップサービス STARTプラン
オススメ度:

 

Winserverはマイクロソフトのホスティングパートナーとして、シルバーホスティングコンピテンシーを取得しています。

 

HDDは150GBの大容量となっていますのでバックテストでハードディスク容量が不足する心配もありません。

 

月額料金も5社中、最安値でコストパフォーマンスに優れたVPSサービスです。

 

Winserverのお申し込みはこちらから
共用サーバーのような手軽さ、専用サーバーのようなルート権限。<br />Windows ServerのレンタルならウィンサーバーのVPS。

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです

為替コヤジも利用中のFXシストレ

トラリピ トライオートFX シストレ24 ループ・イフダン
 

 
2012年1月から使い続けているメイン口座。手数料はかかるが、高機能で一番安定して利益を上げ続けている
 

 
レンジ追尾で運用中。機能面・スペック面ともにシストレNo.1で今や欠かせないシストレ口座
 

 
ストラテジー数、情報量No.1のミラートレーダー。フルオート機能実装でほったらかし運用を実現
 

 
ユーロ円の売りで運用中。手数料無料&高スワップの人気No.1シストレ。利益が積み上がる速度はダントツ


最新FX自動売買 総合比較ランキング! [2017年版]


トライオートFX [インヴァスト証券]
評価点77
トライオートFX

トライオートFXの詳細はこちら

トライオートFXの口座開設はこちら

リピート・選択型・設定型、何でも来いの最強シストレ
リリース当初は裁量色を強く出しすぎ、浸透するの時間を要しましたが、複数のAP注文がパッケージ化された仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
スワップやスプレッドも大幅に改善され、名実ともにシストレNo.1の座を確立しています。
仕掛け次第でリピート系、選択型、設定型と何にでも対応でき、初級者から上級者まで満足できます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

17通貨ペア

無料〜20円

1,000通貨単位

0.3銭

シストレ24 [インヴァスト証券]

評価点66

シストレ24

シストレ24の詳細はこちら

シストレ24の口座開設はこちら

情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
ストラテジーの入れ替えまで自動化される「フルオートファンド」のリリースが待たれます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

26通貨ペア

無料

5,000通貨単位

3.0銭

セントラルミラートレーダー [セントラル短資FX]

評価点62


セントラルミラートレーダーの詳細はこちら

セントラルミラートレーダーの口座開設はこちら

進化し続ける老舗FX会社のミラートレーダー
100年の歴史あるセントラル短資グループが提供するミラートレーダー。ストラテジー選びのための情報量はシストレ24と1、2位を争うほど。
他社のミラートレーダーが廃止になる中、オリジナルストラテジーも続々投入し、今後の発展も期待されます。
スプレッドは狭く、セントラルミラートレーダーにしかないオリジナル機能も豊富で是非口座開設しておきたいシストレ口座です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

24通貨ペア

無料

5,000通貨単位

2.5銭

トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]

評価点56

 

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。割高な手数料にもかかわらす、FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預り資産は5年以上増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

11通貨ペア

30〜50円

1,000通貨単位

4.0銭

FXTF MT4 [FXトレード・フィナンシャル]

評価点56


FXTF MT4の詳細はこちら

FXTF MT4の口座開設はこちら

国内MT4提供業者No.1
5万口座突破の国内最強MT4。Mini terminalやFXTF Liveなど独自のインジケーターやオリジナルツールが豊富に標準装備されており、よりスピーディーな売買や多様な分析が可能です。
スプレッドは業界最狭水準でしかも原則固定となっています。
FXTF公式ブログや動画セミナーなどの情報発信にも積極的です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

31通貨ペア

無料

1,000通貨単位

0.3銭

5位以降の総合比較ランキングはこちら






ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ランキング シストレ比較 キャンペーン シストレ一覧 為替コヤジ お問い合わせ