iサイクル2取引 [外為オンライン]

リピート系発注機能

iサイクル2取引 [外為オンライン]とは?

評価Biサイクル2取引公式サイト

iサイクル2取引(旧iサイクル注文)は、トラリピのように自動で注文を繰り返してくれるリピート系注文の一種です。

大きな違いはレンジを外れて上昇しても下落しても相場に追従しながら自動で取引を続けてくれる点にあります。

外為オンラインにはサイクル2取引というサービスもあります。

サイクル2取引は、あらかじめ指定した変動幅で注文を繰り返す為、変動幅から相場が外れた場合、利益を逸する可能性がある一方、iサイクル2取引は、あらかじめ指定した変動幅が相場の上昇、下落に合わせて自動追従し注文を繰り返す為、より利益を追求することが期待できる注文方法です。

基本情報

通貨ペア数最低取引単位取引手数料
(1,000通貨片道)
米ドル/円
スプレッド
初心者向け
24通貨ペア1,000通貨20円1.0銭
最大レバレッジロスカットマージンコール約定通知メールスマホ対応
25倍100%
セミナー・動画独自コンテンツデモ取引資産の保全方法サポート対応時間
信託保全平日9:00~17:00

iサイクル2取引の最新情報

iサイクル2取引のココがスゴい!

iサイクル2取引は3つの注文方法が可能

iサイクル2取引は3つの注文方法が用意されています。

ボラティリティ方式

ボラティリティ方式とは、売り/買いの選択、過去の変動幅(値動き)、対象資産を設定するだけの3ステップで発注できる注文方式です。

注文方法はとてもシンプルで、まず新規注文入力画面の注文種類から、「iサイクル2取引」を選択すると下記の画面が表示されます。

ここで「想定変動幅・ポジション方向・対象資産」の3つを設定して計算ボタンをクリックすると、システムが自動計算し、最適な注文方法を表示します(ボラティリティ方式)。

想定変動幅iサイクル2取引が注文を繰り返すレンジ。相場の上昇・下落に合わせて追従します。
ひとつ上の「参考期間」を選ぶことで自動で決まりますが、マニュアルで変更可
ポジション方向買いと売りの両方できます。
対象資産いわゆる予算。取引条件を自動算出する際の参考値

上記の例では値幅12pipsで最大ポジションが24本と自動計算されました。

つまりこの24本が相場の上昇・下落に追従していきます。ということは自動で損切りも行われるということになります。

ランキング方式

ランキング方式とは、iサイクル2取引をシュミレーション環境にて運用した結果をランキング形式に表示し、同じ設定のiサイクル2取引を発注できる注文方法です。

マトリクス方式

マトリクス方式は、必要な資金とリスクの度合いから注文内容を選択することができる注文方式です。

新規注文可能額で注文可能な条件が青に変わり、青いマスをクリックすることで同じ条件でiサイクル2取引が開始できます。

下図では、マスの中に「決済損益pips」が表示されていますが、他にも「利食回数」、「損切回数」、「レンジ内最大必要証拠金」、「レンジ内最大評価損pips」、「レンジ内最大必要資金」、「レンジ内最大ポジション」のシミュレーション結果も表示することが可能です。

縦軸の「想定変動幅(レンジ)」は、最大数のポジションを保有した場合、一番上から一番下までのポジションの値幅、かつ、各ポジションの逆指値までの値幅を示します。

想定変動幅が狭いと、為替相場が不利な方向に動いた際、逆指値までの値幅が狭い為、損切りがされやすく、収益獲得の機会が減り、損失が膨らむリスクも高まります。

反対に想定変動幅が広いと、為替相場が不利な方向に動いても、逆指値までの値幅が広い為、損切りがされにくく、収益獲得の機会が増え、損失が膨らむリスクも低くなります。

横軸の「注文間隔(pips)」は、複数のポジションを保有した際、ポジション同士の間隔を示します(単位はpips。USD/JPYの場合100pips=1円)。

注文間隔が狭くなることで、収益獲得の機会が増える一方、ポジションが多くなり取引数量が増えることから、損失が膨らむリスクも高まります。

反対に注文間隔が広くなることで、収益獲得の機会が減る一方、ポジションが少なくなり取引数量が減ることから、損失が膨らむリスクも低くなります。

取扱い通貨ペアは24種類

対象となる通貨ペアは下記の24通貨ペアとリピート注文最多です。

  • 米ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)
  • 英ポンド/円(GBP/JPY)
  • 豪ドル/円(AUD/JPY)
  • NZドル/円(NZD/JPY)
  • カナダドル/円(CAD/JPY)
  • スイスフラン/円(CHF/JPY)
  • 豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)
  • 豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
  • 豪ドル/米ドル(AUD/USD)
  • ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
  • ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)
  • ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
  • ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)
  • ユーロ/NZドル(EUR/NZD)
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)
  • 英ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
  • 英ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
  • 英ポンド/NZドル(GBP/NZD)
  • 英ポンド/米ドル(GBP/USD)
  • NZドル/米ドル(NZD/USD)
  • 米ドル/カナダドル(USD/CAD)
  • 米ドル/スイスフラン(USD/CHF)
  • 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

気になる取引単位ですが、miniコースという初心者向けのコースがあり、1,000通貨単位から取引可能です。

ただ残念なのがiサイクル2取引は新規約定毎に1,000通貨あたり40円の手数料がかかってしまいます(新規+決済の手数料を新規約定時に徴収)。

iサイクル2取引はくりっく365対応

iサイクル2取引は、くりっく365にも対応しているので高金利のエマージング通貨で自動売買することができます。

  • トルコリラ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • 南アフリカランド/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • 香港ドル/円

トレンド機能を実装

従来のiサイクル2取引では、自分でトレンドを判断して買い注文、または売り注文を出す必要がありました。しかも稼働後にトレンドが反転すると含み損がどんどん膨らんでしまいます。

ところが、新たにリリースされた「トレンド」機能はシステムが自動でトレンドを判断し、トレンドが反転すると買い注文、または売り注文を自動で反転させながら取引を続けてくれます。

トレンドの転換時には、保有しているポジションをすべて成行注文で決済し、約定していない指値注文はすべて取り消されます。その後、取引開始時と同条件で、売買区分を反転し、iサイクル注文を自動的に開始します。

またトレンドによる自動注文機能は、店頭取引におけるiサイクル2取引でのみ利用でき、くりっく365では利用できないので注意して下さい。

iサイクル2取引の無料口座開設はこちら

為替コヤジの総評

為替コヤジ
為替コヤジ

外為オンライのサービスでもレンジ指定ができるサイクル2取引のほうがリピート系注文向きです。

iサイクル2取引の取引ツールはきれいで使い勝手が良く、仕組み自体もなかなか凝ったサービスになっています。

ただiサイクル2取引は、①値幅の調整が困難、②レンジ指定ができない、③自動損切りされるというリピート系注文では致命的な欠点があるため、あえてiサイクル2取引を選ぶ理由は見当たりません。

同じ外為オンライのサービスでもレンジ指定ができるサイクル2取引のほうがリピート系注文向きと言えます。

それでもリピート系注文に興味があるのならトラリピトライオートFXの二択になると思います。

関連記事:iサイクル2取引

iサイクル2取引の無料口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました