両建ては儲かる!?FXシストレにおける両建てのメリット・デメリットとは?

両建ては儲かる!?FXシストレにおける両建てのメリット・デメリットとは? | FXシストレ大百科


両建ては儲かる!?FXシストレにおける両建てのメリット・デメリットとは?

FX投資では一般的にタブーとされている両建て。

 

FX自動売買においても両建てはタブーなのでしょうか?両建てのメリットとデメリットについて考察してみました。

 

 

 

 

両建てとは?

 

両建てとは、同一通貨ペアの買いと売りのポジションを同時に保有することを言います。

 

例えばドル円のロングポジションを100万通貨保有している場合、両建てを行うにはドル円を100万通貨ショートする必要があります。
両建ては保有ポジションの損失拡大を限定する手法として知られていますが、多くのFX会社は以下の理由により経済的合理性を欠く恐れがあるため、両建てを推奨していません。

 

  • 売値と買値の価格差(スプレッド)を二重に負担する必要がある
  • 支払いのスワップポイントと受取りのスワップポイントの差を負担する必要がある

 

FX自動売買における両建て

 

FX自動売買はトラリピやループ・イフダンに代表されるリピート系発注機能とミラートレーダーやMT4に代表される選択型システムトレードの2つに分類されます。
選択型システムトレードは通貨ペアではなく、ストラテジーなど売買プログラムを基準にポートフォリオを組む自動売買であるため、両建てという手法はあてはまりません。

 

したがって両建てという手法の有効性はリピート系発注機能において考慮する必要があります

 

両建ての可否と証拠金

 

FX会社によっては稀に両建てを禁止しているところもありますが、当サイトで紹介しているリピート系発注機能は全て両建てを許容しています

 

また証拠金についてはMAX方式を採用しており、同一通貨ペアの売建玉と買建玉の証拠金額を比較し、金額の多い方のみ証拠金として必要となります。

 

 

出典:外為オンライン

 

両建てのメリット

 

両建てにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

ひとつめは、前述のように証拠金が売建玉と買建玉の証拠金の金額の多い方しかかからない点です。
MAX方式を採用しているため、レバレッジが実質最大50倍になったと言うこともできます。

 

ふたつめは、相場が騰貴しても下落しても利益が出る点です。言い換えれば相場観が不要ということです。

 

例えば相場が円高に進んだ場合、買いの自動売買が含み損を抱えていても両建てなら売りの自動売買が利益をあげてくれます。
また想定したレンジ内で乱高下した場合、利益が2倍になることもあります。
このようにFX自動売買において両建ては少ない証拠金で利益を倍増する可能性を秘めています。

 

両建てのデメリット

 

しかし一方で両建てには大きなリスクも潜んでいます。

 

ひとつめは、必ず損切りを行う必要がある点です。
買いだけの場合、相場が上に抜ければ全てのポジションが解消され、利益が確定されます。逆に売りだけの場合、下に抜ければ全てのポジションが解消され、利益が確定されます。

 

ところが両建ての場合、上に抜けても下に抜けたも片方は必ず含み損が残るため、手仕舞う時には必ず含み損を確定させることになります。
したがって手仕舞うまでに含み損以上の利益を確定させておかなければ、トータルでマイナスとなってしまいますが、含み損以上の利益を確定させるためには想定したレンジ内での推移が長く続く必要があります

 

しかしFX初心者にとってこのレンジ幅を読むのは至難の業です。私たちは相場を読むことができないからこそリピート系発注機能を重宝しているのです。

 

ふたつめは、スワップ益がマイナスになる可能性があることです。
通常、FXでは買いスワップと売りスワップでは売りスワップの方が多くなっているため、買いと売りのポジション量が同じ場合にはスワップの支払いだけが残ってしまいます。

 

トラリピの『ハーフ&ハーフ』

 

両建てと似た手法にトラリピのハーフ&ハーフという手法があります。

 

 

出典:マネースクウェア・ジャパン

 

ハーフ&ハーフとは、トラリピを仕掛ける範囲(レンジ)を決めたら、そのレンジ内の上半分に売りのトラリピ、下半分に買いのトラリピ を仕掛けるトラリピ戦略です。ハーフ&ハーフでは売りと買いのレンジが重ならないため、売りと買いを同時に保有する両建てとは別物と考えることができます。

 

ハーフ&ハーフの場合、レンジ幅の中央付近で手仕舞うことができればプラスで終えることができますが、仮にレンジ幅を見誤って上に抜けてしまうと日々スワップの支払いに悩まされ続けることになります。

 

結局ハーフ&ハーフも両建てのデメリットを解消することはできません

 

ハーフ&ハーフを実践するならレンジ幅を上半分と下半分で分けるのではなく、レンジを10等分し、一番上のレンジにだけ売りトラリピを仕掛け、買いトラリピとの間に大きな隙間を作り、上抜けを回避する工夫が必要です。

 

 

 

 

トライオートFXの『レンジ追尾』

 

レンジ追尾は、指定した一定の値幅(想定レンジ幅)の中で追尾していく範囲を自動的に変えていく自動売買手法です。

 

値が上下すればするほど利益を積み増すことができる上、トレンドが出た場合でも評価損を決済利益があれば緩和することができます。

 

 

下表はインヴァスト証券による1年間のバックテスト結果ですが、通貨ペアによっては50%前後の収益率を記録してします。

 

 

 

ただしレンジ追尾もレンジ相場では有効ですが、レンジを抜け、強いトレンドが出れば、両建てのデメリットをもろに受けてしまいます。

 

やるならスワップ益を期待せず、1年程度の短期運用でトレンドが出る前に必ず手仕舞いして下さい。

 

まとめ

 

リピート系発注機能において両建ては以下の理由から有効な手法にはなりえないと言えます。

 

  • リピート系発注機能において収益の柱となるスワップ益が期待できない
  • レンジ幅をピタリと当てる必要がある。特に上抜けは資金面でも精神面でもかなり厳しい

 

どうしても両建てで稼ぎたいのであれば、売りの数量を買いより少なるするか、売りの値幅を買いよりも広げて、買いポジションを売りポジションより大きくするなどしてスワップが受け取れる状態を維持することが必須です。

 

この記事がお役に立ちましたらシェアしていただけると嬉しいです

為替コヤジも利用中のFXシストレ

トラリピ トライオートFX シストレ24 ループ・イフダン
 

 
2012年1月から使い続けているメイン口座。手数料はかかるが、高機能で一番安定して利益を上げ続けている
 

 
レンジ追尾で運用中。機能面・スペック面ともにシストレNo.1で今や欠かせないシストレ口座
 

 
ストラテジー数、情報量No.1のミラートレーダー。フルオート機能実装でほったらかし運用を実現。
 

 
ユーロ円の売りで運用中。手数料無料&高スワップの人気No.1シストレ。利益が積み上がる速度はダントツ


最新FX自動売買 総合比較ランキング! [2016年版]


トライオートFX [インヴァスト証券]
評価点77
トライオートFX

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

リピート・選択型・設定型、何でも来いの最強シストレ
リリース当初は裁量色を強く出しすぎ、浸透するの時間を要しましたが、複数のAP注文がパッケージ化された仕掛けの充実に伴い、使い勝手が大幅に上昇。
スワップやスプレッドも大幅に改善され、名実ともにシストレNo.1の座を確立しています。
仕掛け次第でリピート系、選択型、設定型と何にでも対応でき、初級者から上級者まで満足できます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

18通貨ペア

無料〜40円

1,000通貨単位

0.5銭

シストレ24 [インヴァスト証券]

評価点66

シストレ24

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

情報量とストラテジー数で他を圧倒
ミラートレーダーをやるなら必ず登録しておきたいシストレ24。
シストレ24でしか使えないストラテジーを大量に搭載し、シストレ最強ツール「Myシストレ24」や勝者の法則などストラテジー選びに欠かせない情報が満載。
ストラテジーの入れ替えまで自動化される「フルオートファンド」のリリースが待たれます。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

26通貨ペア

無料

5,000通貨単位

3.0銭

セントラルミラートレーダー [セントラル短資FX]

評価点62


トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

進化し続ける老舗FX会社のミラートレーダー
100年の歴史あるセントラル短資グループが提供するミラートレーダー。ストラテジー選びのための情報量はシストレ24と1、2位を争うほど。
他社のミラートレーダーが廃止になる中、オリジナルストラテジーも続々投入し、今後の発展も期待されます。
スプレッドは狭く、セントラルミラートレーダーにしかないオリジナル機能も豊富で是非口座開設しておきたいシストレ口座です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

24通貨ペア

無料

5,000通貨単位

2.5銭

トラリピ [マネースクウェア・ジャパン]

評価点56

 

トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

元祖リピート系発注機能
2007年サービス開始の元祖リピート系発注機能。割高な手数料にもかかわらす、FX初心者にも分かりやすい仕組みが受け、預り資産は5年以上増加中。
高金利通貨のランド円、トルコリラ円の取り扱いもあり、為替コヤジのオススメ第1位です。
一度に得られる利益は小さいながらもローリスクでコツコツ利益を積み上げることが可能です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

11通貨ペア

30〜50円

1,000通貨単位

4.0銭

FXTF MT4 [FXトレード・フィナンシャル]

評価点56


トラリピの詳細はこちら

トラリピの口座開設はこちら

国内MT4提供業者No.1
5万口座突破の国内最強MT4。Mini terminalやFXTF Liveなど独自のインジケーターやオリジナルツールが豊富に標準装備されており、よりスピーディーな売買や多様な分析が可能です。
スプレッドは業界最狭水準でしかも原則固定となっています。
FXTF公式ブログや動画セミナーなどの情報発信にも積極的です。

通貨ペア数

取引手数料

(1,000通貨片道)

最低取引単位

米ドル/円

スプレッド

31通貨ペア

無料

1,000通貨単位

0.3銭

5位以降の総合比較ランキングはこちら






ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム ランキング シストレ比較 キャンペーン シストレ一覧 為替コヤジ お問い合わせ