連続予約注文 [マネーパートナーズ]

リピート系発注機能

連続予約注文 [マネーパートナーズ]とは?

評価B 連続予約注文

連続予約注文とは、レート(価格)を指定した予約(指値注文)を連続してセットすることが出来る注文方法です。何円で買って、何円で売るといった注文の予約を最大20回まで繰り返すことができます。

値動きを予測し、予め注文を入れておく事で、取引画面を見ていない間も新規注文や決済注文のチャンスを逃しません。

連続予約注文は、マネーパートナーズが提供する「パートナーズFX」「パートナーズFX nano」の両口座に対応しています。

「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」の比較

連続予約注文は最大20件(最低2件)のIF-DONE注文またはIF-OCO注文を1セットで発注し、決められた順番で注文が1件ずつ発注されます。「利食い」と「損切り」は任意のレートを設定することができます。

■IF-DONE(イフダン)注文
新規注文と決済注文(利食いまたは損切り)を1セットで発注する注文方法です。
例えば100円で買い、それを102円で売る、といったレートを指定した注文を買い・売りセットで発注します。

■IF-OCO(イフオーシーオー)注文
IF-DONE注文に利食いと損切り両方の決済注文を可能とする注文方法です。
例えば100円で買い、それを102円で売る(利食い)、一方で99円まで下がったらリスク回避のために売る(損切り)といった レートを指定した新規、決済(利食い)、決済(損切り)の3つの注文をセットで発注します。
なお、決済注文はどちらかが約定した場合には、もう一方は取消となります。

注文が連続する条件は2つから選択できます。

前注文の新規約定直前の新規注文が約定すると、次の注文が発注されるもの。この場合は、直前の注文が損切りとなった場合も終了とはなりません。
前注文の利食い約定時直前の決済注文が、「利食い約定」された場合に限り、次に設定した注文が発注されます。仮に損切りとなった場合は、連続条件に当てはまらないことから、連続予約注文は終了となります。

連続予約注文のクイック発注ボードから行います。クイック発注ボードは、口座情報、チャート、発注画面、照会画面が1つの画面にコンパクトにまとまっていて、インストール不要のウェブブラウザ型の取引ツールです。直感的なレイアウトで初心者の方にも使いやすい取引ツールです。

連続予約注文を発注するためにはログイン後、会員専用サイトよりクイック発注ボードを起動します。

その後、注文パターンから『連続予約』を選択します。

基本情報

通貨ペア数最低取引単位取引手数料
(1,000通貨片道)
米ドル/円
スプレッド
初心者向け
24通貨ペア100通貨無料0.3銭
最大レバレッジロスカットマージンコール約定通知メールスマホ対応
25倍100%
セミナー・動画独自コンテンツデモ取引資産の保全方法サポート対応時間
信託保全平日9:00~17:00

連続訳注文の最新情報

連続予約注文のココがスゴい!

リピート系注文に最適な通貨ペアを含む24通貨ペアに対応

連続予約注文はリピート系注文では最多の24通貨ペアに対応しています。

パートナーズFXパートナーズFX
nano
米ドル/円(USD/JPY)
ユーロ/円(EUR/JPY)
豪ドル/円(AUD/JPY)
ユーロ/米ドル(EUR/USD)
ポンド/円(GBP/JPY)
NZドル/円(NZD/JPY)
トルコリラ/円(TRY/JPY)
メキシコペソ/円(MXN/JPY)
南アランド/円(ZAR/JPY)
スイスフラン/円(CHF/JPY)
カナダドル/円(CAD/JPY)
香港ドル/円(HKD/JPY)
シンガポールドル/円(SGD/JPY)
ポンド/米ドル(GBP/USD)
豪ドル/米ドル(AUD/USD)
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD)
ユーロ/ポンド(EUR/GBP)
豪ドル/NZドル(AUD/NZD)
ポンド/豪ドル(GBP/AUD)
NZドル/米ドル(NZD/USD)
米ドル/カナダドル(USD/CAD)
米ドル/南アフリカランド(USD/ZAR)
米ドル/トルコリラ(USD/TRY)
米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)

直近ではレンジ形成しやすくリピート系注文におすすめな取引量も世界第5位を誇る米ドル/カナダドルやダイナミックな値動きで人気となっている取引量世界第4位の米ドル/新興国通貨グループから3通貨ペア(米ドル/南アフリカランド米ドル/トルコリラ米ドル/メキシコペソ)が追加されました。

取引コストはリピート系注文ダントツトップ

スプレッドが広がりがちなリピート系注文において連続予約注文のスプレッドは原則固定で米ドル/円が0.3銭、ユーロ/円が0.4銭などかなり狭くなっています。その上、取引手数料も無料となっているのでコスト重視の方にはとても魅力的です。

また通常、指値注文を複数発注しようとするとその注文の数だけ証拠金が必要ですが、連続予約注文で必要になるのは常に1回分の証拠金のみです。

 

100通貨から取引可能

ほとんどのFX業者は最低取引単位が1,000通貨ですが、パートナーズFX nanoは100通貨から取引可能なので少額で連続予約注文を気軽に試すことができます。

11年連続約定率1位

約定率とは、スリッページや約定拒否が発生せずに、お客様の意図するタイミングと価格で取引が成立する事を言います。約定率が低いと、お客様の注文が思い通りに成立しないだけでなく、想定外の損失が発生する恐れがあります。

マネーパートナーズのパートナーズFXは、株式会社矢野経済研究所が実施した、主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、調査結果中唯一、スリッページ発生率0%、約定拒否発生数0件で、「すべらない約定率」第1位となりました。この結果で、マネパの約定率第1位は11年連続の獲得となります。

 

連続訳注文の無料口座開設はこちら

為替コヤジの総評

リピート系注文の主流はトラリピやトライオートFXに代表されるような全自動取引ですが、手間がかからない分、取引手数料やスプレッドなどのコストがかかります。

一方で連続予約注文はコストを徹底的に削っているものの、1度に20回分しか発注することができないので発注を手動で繰り返す手間がかかります。

為替コヤジはほったらかし投資を目指しているのでコストがかかっても楽なトラリピで資産運用していますが、コストにこだわるのであれば連続予約注文がおすすめです。実際、「手動トラリピ」という、マニュアルでトラリピと同じような運用を行う手法も人気が高く、実際に手動で運用してみてもそれほど手間ではないという話もよく聞きます。

またnano口座では100通貨から取引できるので少額でリピート系注文を試してみたいという方にも連続予約注文はおすすめです。

関連記事:連続予約注文

連続予約注文の無料口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました