ループイフダン [アイネット証券]

リピート系発注機能

ループイフダン [アイネット証券]とは?

評価Aループイフダン公式サイト

ループイフダンとは一定の値幅ごとにエントリーから利食いを繰り返す、アイネット証券が提供するオリジナル売買システムです。

ループイフダン(アイネット証券)のイメージ図

ループイフダンは20通貨ペアに対応していますが、通貨ペア毎にあらかじめ注文値幅と決済値幅が決まっているので好きな通貨ペアと値幅を選ぶだけでループイフダンを開始することができます。

ループイフダン(アイネット証券)の設定値幅
ループイフダンの通貨ペアと値幅の組み合わせは下記88パターンにそれぞれB(ロング)とS(ショート)があるので全176種類となります。

通貨ペア設定値幅(pips)
米ドル/円10 / 15 / 25 / 50 / 100
ユーロ/円10 / 40 / 80 / 100 / 120
ポンド/円20 / 50 / 100 / 150
豪ドル/円10 / 20 / 40 / 80 / 100
ユーロ/米ドル10 / 20 / 40 / 60 / 100
NZドル/円20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/米ドル10 / 20 / 40 / 80 / 100
カナダドル/円20 / 40 / 80 / 100
メキシコペソ/円25 / 50 / 100 / 150 / 200
南アフリカランド/円25 / 50 / 100 / 150 / 200
トルコリラ/円25 / 50 / 100 / 150 / 200
スイスフラン/円20 / 40 / 80 / 100
NZドル/米ドル20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/NZドル20 / 40 / 80 / 100
豪ドル/スイスフラン20 / 40 / 80 / 100
英ポンド/米ドル20 / 50 / 100 / 150
ユーロ/豪ドル20 / 40 / 80 / 100
ユーロ/英ポンド20 / 40 / 80 / 100
米ドル/カナダドル20 / 40 / 80 / 100
米ドル/スイスフラン20 / 40 / 80 / 100
ループイフダンはひまわり証券からも提供されています。両社の比較は『ループ・イフダンで比較 – アイネット証券とひまわり証券、有利なのはどっち?』をご覧ください。

基本情報

通貨ペア数最低取引単位取引手数料
(1,000通貨片道)
米ドル/円
スプレッド
初心者向け
20通貨ペア1,000通貨無料2.0銭
最大レバレッジロスカットマージンコール約定通知メールスマホ対応
25倍100%
セミナー・動画独自コンテンツデモ取引資産の保全方法サポート対応時間
信託保全平日9:00~17:00

ループイフダンの最新情報

ループイフダンのココがスゴい!

超シンプルな発注方法

ループ・イフダンの発注方法は非常にシンプルで下図のように「取引数量」「最大ポジション数」「重複許可」を入力するだけで自動売買を開始することができます。
複雑な設定がいらないのでシストレ初心者はもちろん、パソコン初心者でも簡単に取引できます。

ループイフダン(アイネット証券)の発注方法

重複レート発注機能を「許可」すると同一レートで重複してポジションを保有するため、取引機会を多く得られますが、相場状況によっては想定以上に保有ポジション数が増加し、想定以上の損失が発生する可能性があるため、初心者は無効にすることをオススメします

手数料無料という圧倒的なコストアドバンテージ

トラリピは1万通貨未満の場合、1,000通貨単位当たり50円の取引手数料がかかります。往復なら100円の取引手数料がかかるため、利益を1,000円で設定しても実際は1,100円になるまで決済されません。
100回転なら10万円の利益になりますが、その裏では1万円の取引手数料が取られています。
しかしループ・イフダンならこの取引手数料が0円となっています。しかもM2Jトラリピと比べてスプレッドが狭く、スワップが高いというオマケ付き!
長期運用が基本のリピート系注文ではこの差は圧倒的なアドバンテージになりえます。

初心者に優しいマイセーフティ機能

「マイセーフティ」とは、口座全体の損失額を設定できる機能です。運用中の損失額が設定金額を超えると決済注文が発注され、損失を制限することができます(相場状況によっては設定金額以上の損失が生じる場合もあります)。

ループイフダン(アイネット証券)のマイセーフティ機能

年間利益は1万pips超!

下図は過去1年間の利益ランキングですが、1位のループ・イフダンS40_40(ERU/JPY)の期間利益は何と1万pips超となっています!
1万pipsといえば、最低取引単位の1,000通貨で運用していても100万円の利益、1万通貨なら1,000万円の利益となります。

ループイフダン(アイネット証券)の利益ランキング
 

ループイフダンはシステムが脆弱でスリッページや約定拒否が多発していましたが、アイネット証券ではシステム改善のために2016年9月にループイフダンを除く全てのストラテジーの取り扱いを終了しました。

ループイフダンの無料口座開設はこちら

為替コヤジの総評

ループイフダンはリピート系注文の中ではコスト面が圧倒的に有利です。実際に為替コヤジもループイフダンで18万円ほど利益をあげることができました。

しかし現在はループイフダンの運用を停止しています。その理由はレンジ指定ができないからです。例えば米ドル/円で100円までは買い注文、101円以上では売り注文を仕掛けたい場合、ループイフダンでは100円に到達した時点で買いのループイフダンを停止し、新たに売りのループイフダンを開始する必要があります。

ところがこの切り替えのタイミングを逃してしまうと本来は売りのループイフダンを仕掛けたかったレンジに買い注文が成立してしまい、塩漬けポジションを持つことになります。

リピート系注文の自動損切りは無用の長物!自動損切り“なし”はトラリピ、連続予約注文、サイクル注文だけ
リピート系注文においては損切りせずに長期運用するのが鉄板。にもかかわらず勝手に損切りされてしまうリピート系注文もあります。自動売買を始める前に各リピート系注文の自動損切りについて確認しておきましょう。

この切り替え作業が手間ではなく、漏れなく実行できるのであればループイフダンをすすめますが、自動で切り替えたいのであればトラリピかトライオートFXがベストでしょう。

関連記事:ループイフダン

ループイフダンの無料口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました