HyperSpeed NEXT [マネーパートナーズ]

ユーザ設定型シストレ

HyperSpeed NEXT [マネーパートナーズ]とは?

評価DHyperSpeed NEXT公式サイト

HyperSpeed NEXTは、マネーパートナーズの専用取引ツールの1つで、優れたビジュアルで使いやすいインストール型取引ツールです。HyperSpeed NEXTは2015年8月のバージョンアップで従来の売買ルール作成や売買シグナル表示、バックテスト機能に加え、自動売買機能が追加となり、パソコンを立ち上げなくても24時間ストラテジの稼働が可能となりました。

少しややこしいのですが、HyperSpeed NEXTの「ストラテジー機能」と「自動売買機能」がありますが、両者は別物です。

まず、「ストラテジー機能」は売買ルールを作成してチャートに読み込めば、チャート上に売買シグナルを表示されることができる機能です。実際の売買は手動で行う必要があります。

ストラテジー機能は23種類のテクニカル指標を用いて自由に売買ルールの作成が可能です。さらに売買ルールを組み合わせて、自分だけのストラテジを構築できます。

各種条件の設定については、パラメータを自由に設定できる他、すべての設定条件を満たしたとき(AND条件)に売買シグナルを表示させたり、逆にどれかひとつの条件が満たされたとき(OR条件)に売買シグナル表示させるなど、思いのままの設定が可能です。

これに対して「自動売買機能」とは文字通り、自動で売買を行ってくれる機能です。本記事ではこちらについて記載しています。

基本情報

通貨ペア数最低取引単位取引手数料
(1,000通貨片道)
米ドル/円
スプレッド
初心者向け
24通貨ペア1万通貨無料0.3銭
最大レバレッジロスカットマージンコール約定通知メールスマホ対応
25倍100%
セミナー・動画独自コンテンツデモ取引資産の保全方法サポート対応時間
信託保全平日9:00~17:00

HyperSpeed NEXTの最新情報

HyperSpeed NEXTのココがスゴい!

自動売買なのに通常取引と変わらぬ条件で取引できる

自動売買といえばスプレッドが広かったり、手数料がかかったりと高コストなイメージがありますが、パートナーズFXの自動売買は、通常取引(1万通貨単位のパートナーズFX)と同じスプレッドで取引されます

マネーパートナーズは100通貨から取引できる「パートナーズFX nano」と最低1万通貨からながら約定力の高い「パートナーズFX(PFX)」の2種類がありますが、HyperSpeed NEXTは「パートナーズFX(PFX)」のみの対応となっています。

簡単ステップでストラテジーが作れる

HyperSpeed NEXTの自動売買は直感的にストラテジーが作成できます。

作成したストラテジはマネーパートナーズのサーバに保存されますので、パソコンを立ち上げていなくても、HyperSpeed NEXTにログインしていなくても、条件を満たしたときに自動発注されます。仕事などでお忙しいあなたや外出の多いあなたも安心して利用できます。

自動売買を新規作成する方法は以下の通りです。

①ストラテジ名を入力します
②コメントを入力できます
③作成者名を入力できます
④通貨ペアと足種別を選択
⑤1回の注文数量を入力します
⑥当初の仕様では、最大建玉数量は1回の注文数量と同じになります
⑦建玉に対して利食い幅を設定することができます
⑧建玉に対して損切幅を設定することができます
⑨既に作成されている売買ルールを利用してストラテジーを作成する場合には、⑨をクリックし、「自動売買ルール一覧」から選択します
⑩新たな売買ルールを作成する場合には、⑩をクリックし、「自動売買ルール編集」画面にて売買ルールを作成します
⑪作成したストラテジーをすぐに稼働させるときは、⑪「開始」ボタンをクリックします
⑫作成したストラテジーを保存するときは、⑫「保存」ボタンをクリックします(保存可能なストラテジーは20件)

自動売買ルールを作成する方法は以下の通りです。

① 売買ルール名を入力します。
② コメントを入力できます。
③ 作成者名を入力できます。
④ 新規注文か決済注文かを選択します。
⑤ 買注文か売注文かを選択します。
⑥ 作成したい条件を※の□にチェックして
選択し、選択した条件の⑥の数値を決
定します。
⑦ 発注条件が「上抜け」なのか「下抜け」なのかを選択します。
⑧ 「OK」で保存します。

HyperSpeed NEXTの自動売買機能で使えるテクニカル指標は、現在、移動平均線のみとなっています。今後、ボリンジャーバンドやMACDなども追加予定だそうですが、しばらく様子見となりそうです。

HyperSpeed NEXTの無料口座開設はこちら

為替コヤジの総評

為替コヤジ
為替コヤジ

電源をオフにするとシストレFXは停止してしまうので注意して下さい

システムトレードの場合、スプレッドは広くなりがちですが、HyperSpeed NEXTの場合は通常取引(1万通貨単位のパートナーズFX)と同じスプレッドで取引できます。これは大きなメリットです。

ただ、自動売買機能そのものに関しては平均移動線を使った自動売買プログラムしか作ることができないので正直使い物になりません。将来的にはボリンジャーバンドやMACDなども追加予定と聞いていますが、2015年以降、自動売買機能については何もアップデートされていないので期待は薄いと思います。

関連記事:HyperSpeed NEXT

関連記事はありません。

HyperSpeed NEXTの無料口座開設はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました